失意のどん底。そこから私は。アイキャッチ画像

ストーリー

  (最終更新日:2020.11.16)

【第9幕-後編】19歳、最愛の人を亡くし失意のどん底。そこから私は。

<向き合う覚悟>

こちらの記事は「【第9幕】19歳、最愛の人を失い失意のどん底へ」の続編です。

1999年5月、最愛の人を亡くした私は失意のどん底にいた。彼を失った悲しみだけではなく、彼の告別式で蚊帳の外である自分に「彼がいないと2人の関係を証明できない」ことに更なる悲しみを感じていた。そんな私は、彼が車の事故でなくなったと知り、たった1つのことだけが気になった。そして、それを知った私は人生で最も醜い感情を持つこととなる。今回は、最愛の人を亡くし心ここにあらずで生きている意味を見失った私が、どのように生きることと向き合ったのかについて語ろう。

かなり私のディープな感情やプライベートなことを伝えていくので、COJILaboメンバーのあなただけにその内容を明かそう。

スポンサーリンク


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

記事が面白かったら
COJILabo.を "いいね!しよう"
Facebookで更新情報をお届け。

COJILabo. | コジラボ

ピックアップ記事

  1. 【第14幕】愛されたいのに彼を信じられない苦しみ。
  2. 【第13幕】死にたい気持ちと隣り合わせ。30代、私生活が死性活でしかなかったあの…
  3. 【診断】あなたは「普通の長女?」それとも「こじらせ長女?」
  4. ここを間違えないで!長女の育て方・接し方。
  5. 【第10幕】就活の苦悩。就職できなければ人生終わりだと本気で思っていたあの頃。

関連記事

  1. ストーリー

    私のミスで上司がブチ切れる。泣きじゃくったあの日の決意。<ブラック企業物語【第5話】>

    長女研究家の稀子(きこ)です。大人になり、会社で仕事を始めるといろんな…

  2. 人生の歯車が狂いだした25歳。アイキャッチ画像

    ストーリー

    【第11幕-前編】輝かしい日々からの転落。人生の歯車が狂いだした25歳。

    <女の転機、気が狂いそうな災難>24歳の頃、会社のランチタイムに同…

  3. いわれのない制裁

    ストーリー

    いわれのない制裁。何もしてないのにひどい目に合う。<ブラック企業物語【第4話】>

    長女研究家の稀子(きこ)です。「職場で目立つ奴は1回しめあげる」そんな…

  4. こじらせ長女スト―リーアイキャッチ画像

    ストーリー

    【第1幕】こうして私は長女をこじらせた 櫻本稀子の場合

    <なりたくてお姉ちゃんになったわけじゃない!!>「お姉ちゃんでしょ…

  5. 母との関係こじらせたアイキャッチ画像

    ストーリー

    【第2幕】こうして私は母との関係をこじらせた

    <下の子ばかり甘やかす母への憎悪>多くの長女が、第二子が生まれてか…

  6. 女の裏切りアイキャッチ画像

    ストーリー

    【第7幕】女の裏切り。私が女友達をつくれなくなったワケ。

    <事実は小説より奇なり>女という生き物ほど裏表があって恐ろしいもの…

▼スポンサーリンク

COJILabo.について

TOP用COJILabo.について

最近の記事

まずは現状把握。あなたは「普通の長女」それとも「こじらせ長女」?

TOP用こじらせ長女診断

おすすめ記事

  1. こじらせ長女診断アイキャッチ画像
  2. 私を孤独から救ったアイキャッチ画像
  3. 愛されたいのにアイキャッチ画像
  4. 死生活でしかなかったあのころアイキャッチ
  5. 天職探しアイキャッチ画像

長女研究家 櫻本稀子のサロン

サロンのロゴ画像

スポンサーリンク

  1. 男が生涯大切にしたい女の条件アイキャッチ画像

    恋愛・結婚

    婚活前に抑えておきたい、男が「生涯守りたい!大切にしたい!」と思う女の条件。
  2. ブラック企業との決別アイキャッチ画像

    ストーリー

    【第12幕】ブラック企業との決別と転職。派遣という働き方。
  3. こんなにもあっさりアイキャッチ画像

    ストーリー

    【第17幕】「本当にこれが私の人生!?」こんなにもあっさり変われるなんて。
  4. COJILabo.メンバーについてアイキャッチ画像

    COJILabo.について

    COJILabo.メンバー(無料)について
  5. 実の娘である長女に「嫌悪感」を感じてしまうワケアイキャッチ

    親子・子育て

    実の娘である長女に「嫌悪感」を感じてしまうワケ。
PAGE TOP