新しい価値で生きるアイキャッチ画像

ストーリー

  (最終更新日:2020.11.17)

【第11幕-後編】人生の歯車が狂いだした25歳。新たな価値観で生きる。

<自分を傷つけてでも新しい自分になりたかった>

こちらは前回のストーリーの続き。前編を読んでない方はまず「【第11幕-前編】輝かしい日々からの転落。人生の歯車が狂いだした25歳。」をご覧ください。

さて、人生のスランプ時にはことごとく負の連鎖が続くものである。女の転機と言われる25歳の直前からことごとく「信じられない!」叫びたくなるような不運に見舞われ続けた私。心身ともに疲労し遂に私は遂にウツとなる。女の転機と言われる25歳、ウツになった私はとあることをきっかけに大きく人生のとらえ方を変えることになる。そして、プライベートでも今までなら考えもしなかった行動をとるようになっていった。さて、女の転機である25歳の私はいったいどうなったのか!?女の転機25歳シリーズ後編をお話しよう。
ただ、今回はちょっと過激でプライベート感たっぷりの内容なので、COJILabo.メンバーのあなただけにお伝えしたいと思う。

スポンサーリンク


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

記事が面白かったら
COJILabo.を "いいね!しよう"
Facebookで更新情報をお届け。

COJILabo. | コジラボ

ピックアップ記事

  1. 【第13幕】死にたい気持ちと隣り合わせ。30代、私生活が死性活でしかなかったあの…
  2. COJILabo.について
  3. 【第14幕】愛されたいのに彼を信じられない苦しみ。
  4. 【第11幕-前編】輝かしい日々からの転落。人生の歯車が狂いだした25歳。
  5. COJILabo.メンバー(無料)について

関連記事

  1. ブラック企業との決別アイキャッチ画像

    ストーリー

    【第12幕】ブラック企業との決別と転職。派遣という働き方。

    <市場によって価値は変わる>ここまでのストーリーでもお話ししてきた…

  2. 死生活でしかなかったあのころアイキャッチ

    ストーリー

    【第13幕】死にたい気持ちと隣り合わせ。30代、私生活が死性活でしかなかったあの頃。

    <気づけばタオルで首を絞めていた>10代、20代のころは「老いをリ…

  3. 最愛のなく人を亡くしアイキャッチ画像

    ストーリー

    【第9幕-前編】19歳、最愛の人を亡くし失意のどん底へ。

    <彼のいない世界で二度と幸せになれない>「この人の為なら自分の命な…

  4. ストーリー

    私のミスで上司がブチ切れる。泣きじゃくったあの日の決意。<ブラック企業物語【第5話】>

    長女研究家の稀子(きこ)です。大人になり、会社で仕事を始めるといろんな…

  5. はじめての遺書。アイキャッチ画像

    ストーリー

    【第11幕-番外編その1】初めての遺書。

    <自分の中の醜い感情を知る>この記事は「【第11幕-前編】輝かしい…

  6. 失意のどん底。そこから私は。アイキャッチ画像

    ストーリー

    【第9幕-後編】19歳、最愛の人を亡くし失意のどん底。そこから私は。

    <向き合う覚悟>こちらの記事は「【第9幕】19歳、最愛の人を失い失…

▼スポンサーリンク

COJILabo.について

TOP用COJILabo.について

最近の記事

まずは現状把握。あなたは「普通の長女」それとも「こじらせ長女」?

TOP用こじらせ長女診断

おすすめ記事

  1. こじらせ長女診断アイキャッチ画像
  2. 愛されたいのにアイキャッチ画像
  3. 人生の歯車が狂いだした25歳。アイキャッチ画像
  4. こじらせ長女スト―リーアイキャッチ画像
  5. ここを間違えないで!長女の育て方・接し方アイキャッチ画像
  6. 天職探しアイキャッチ画像

長女研究家 櫻本稀子のサロン

サロンのロゴ画像

スポンサーリンク

  1. 長女の使命とは?

    長女の真実

    長女には共通の「使命」がある。長女が生まれる前に決めた使命とは?
  2. ブラック企業物語目次

    ストーリー

    長女研究家 稀子(きこ)のブラック企業物語 目次
  3. 女の裏切りアイキャッチ画像

    ストーリー

    【第7幕】女の裏切り。私が女友達をつくれなくなったワケ。
  4. こじらせ目次アイキャッチ画像

    ストーリー

    長女研究家 櫻本稀子のこじらせ長女ストーリー目次
  5. 自分が正しいと思っていたあの頃

    ストーリー

    自分がとった態度で相手が怒る。「周りがおかしくて私は正しい」そう思っていたあの頃…
PAGE TOP